こんなことがありました!

2018年3月の記事一覧

平成29年度末人事異動について

本日、平成29年度末人事異動にかかる辞令の交付を行いました。本校から異動される先生方は次の通りです。どの先生方にも大変お世話になりました。離任式は28日です。
教頭 小野里高広(県南教育事務所へ)
教諭 寺島正和(泉崎中へ)
教諭 鈴木八重子(退職)
教諭 邊見 静(矢祭中へ)
教諭 鶴水達也(船引南中教頭昇任)
教諭 古市大輔(いわき立市玉川中へ)
教諭 前田 誠(須賀川市稲田中へ)
教諭 大井川敏美(退職)
講師 鈴木裕美(五箇中へ)
講師 佐藤達郎(退職)
講師 髙橋美紗江(退職)
養護教諭 野村紘子(白三小へ)

 

学び会う会 講師は佐藤達郎先生

20日、6時15分から第5回学び会う会を開催しました。

今回は、佐藤達郎先生です。内容は配慮が必要な生徒への関わり方でした。

今年度は最終回でした。多くの先生方が参加して実践を学びました。

「その場その場で考えて最善の行動をしたきただけです」ということはできそうでできない人が多いことです。

  会場の様子です        達郎先生が話しています     真剣に聞いています 

 

 

最後の週末課題テスト

1年生の週末課題テストは1年間を通して実施してきました。

本日の英語で最後となります。全員合格を目指して頑張る姿がありました。

               1の1での取り組みの様子です

平成29年度卒業証書授与式

本日は、晴天に恵まれた中卒業式を執り行うことができました。

体育館いっぱいに保護者、生徒、来賓がいる中で、卒業証書を一人一人に手渡しました。

インフルエンザ対応のために式歌の練習は1回位しか設定できませんでしたが、すてきな歌声を

披露することができました。別室登校の生徒のために午後にも卒業式を実施し、3年生179名全員に

卒業証書を手渡すことができました。

    卒業生入場           証書授与           在校生の整列

    式歌3年生          式歌3年生          門送(3年金澤主任)

12日のインフルエンザ

全校生で8名に減りました。明日は3年生は全員復帰して卒業式に臨める見通しです。

1・2年生はまだ罹患者がいますが、先週のような数にはならないと思います。

しかし、油断はなりません。うがい、手洗いを心がけてほしいと思います。

卒業式の準備を整えました

明日13日は、卒業式です。3年生の門出を祝うために、式場や校舎、駐車場となる校庭の整備を

1・2年生が行いました。明日は天気も良いようです。よい式になりそうです。

3年生の巣立ちをしっかり見届けたいと思います。

  式場装飾の生花が届きました     校長室、一階の廊下も掃除しました。

 3年教室は1年生が飾り付けます 式場の椅子おろしは数珠つなぎで   校庭の駐車場づくり   

  式場のは椅子は心を込めて  紅白幕の貼り付けは生徒と協力して みんなで取り組めば作業も速い

 

 

9日のインフルエンザ

本日の罹患者は17名です。今週初めからインフルエンザ罹患者が急増し、Ⅱ期選抜を心配しましたが、高校の適切な対応により全員受験できました。来週には学校に復帰し、卒業式には3年生がきちんと参加できる模様です。しかし、1・2年の罹患者も少なくありません。生徒達は部活動があれば無理しても参加しようとします。これ以上増えて、卒業式が感染の場にならないようにするため、大会等の予定のない部活動は、この週末は休みしました。部活動はなくとも週末の行動によっては罹患の可能性は高まります。過ごし方を注意して下さい。 

震災追悼

平成23年3月11日に発生した東日本大震災から7年目が過ぎようとしています。その後もさまざまな影響が

あり、私たちの生活にも変化があります。この経験をいたずらに風化させるのではなく、教訓として次の世代

に受け継ぐとともに、自らの生き方を考える契機とするために震災追悼の場を持ちました。

当初は全校集会の予定でしたが、インフルエンザ予防のために、放送により行いました。

まず、震災の被害や影響についてふりかえって話し、その後、本校卒業生で現在高校3年生が書いた「思いやりこ

そ大切」という文章を朗読しました。震災を経て、思いやりの大切さを知り、ただの医師ではなく、思いやりのあ

る医師になりたいと思うようになった経緯を表した文です。最後に、鴨田先生のリードで全校生徒、全職員が黙祷

を捧げました。

 姿勢を正して放送を聞いています     朗読中です        黙祷を捧げています