こんなことがありました!

出来事

県南総合大会3日目 野球準決勝

本日、野球競技の準決勝を浅川中と戦いました。

吹奏楽部、2年生応援団のメンバーと3年生全員で応援しました。

残念ながら敗退してしまいましたが、一つ一つのプレーに集中して取り組む姿を

多くの生徒が目にすることができたことは良かったと思っています。

      吹奏楽、2年応援団、3年生による応援

 選手に届け、白二中スタンドの様子

 

 

県南総合大会2日目の結果

(県)は県大会出場

野球     準決勝へ
サッカー   3位
バレー男子  優勝(県)
柔道男子個人80kg級 優勝 鈴木皇介(県)
剣道女子個人 2位 田中仁音(県)
       5位 山口南海(県)
バドミントン女子個人
    シングルス3位 田中聖海
    ダブルス3位 大谷亜未・松永みちる
バドミントン男子個人
    シングルス2位 玉木将太(県)
    ダブルス優勝 下重勇人・小林空翔(県)
ソフトテニス女子個人
    2位 片貝文香・鈴木そら(県)
  ベスト8 近藤陽菜・ 梅宮涼乃(県)

 

県南総合大会1日目の結果

野球       3回戦へ
サッカー     準決勝へ
女子バスケット  2回戦敗退
男子バスケット  2回戦体敗退
女子バドミントン 団体3位 
男子バドミントン 団体2位 県大会へ
女子バレー    予選リーグ敗退
男子バレー    決勝トーナメントへ
剣道女子     団体3位 県大会へ 
剣道男子     団体予選敗退
卓球女子     団体決勝トーナメントへ
卓球男子     団体予選リーグ敗退
女子ソフトテニス 団体2位 県大会へ
男子ソフトテニス 団体予選敗退

計画的な学習への取り組み

1学年では、本日中間テストの結果表を配付しました。

引き続き、期末テストへの計画を作成しました。前回の反省が計画にいかせれることを期待します。

 1の2 先生からのメッセージ 1の5 結果表の感想は?                    計画づくりをしています

 

 

県南総合・水泳大会がんばれ  

先週、選手壮行会を行いました。それに合わせて、各学級掲示委員が応援ポスターを作成しました。

木造校舎の廊下壁面に掲示しています。一人一人の参加を得るために、全員メッセージを載せている学級が

多くなりました。いよいよ明日は総合大会です。どの部もの頑張ってほしいと思います。

    壮行会の応援          1の1             1の2

      1の3             1の4            1の5   

     2の1             2の2             2の3

     2の4            2の5             2の6     

      3の1            3の2             3の3  

 

      3の4              3の5             3の6

 

   帰りの学活でのがんばれ

 

校庭の整地  陸上部

校庭に車が入ることで、へこみができ水たまりがなかなか消えません。

本日、陸上部は自分たちの活動する場所であるところのへこみの部分に土を入れました。

全員が手分けして、土を運びならしました。

昨日の夜に、砂場近くまで車を入れた方がいて、その轍を消すのに苦労しました。

東のフェンス付近のみにとどめていただくよう重ねてお願いします。

    一輪車で土を運び      みんなで手分けして土をへこみに入れます。

プール開き

先週、水泳部によりプール開きを行いました。

プールでの事故がないことを祈願して、さっそく入水しました。

6月20日は、県南水泳大会です。良い記録が出せるように頑張ってくれるものと思います。

   無事故の願い               お清めの品を注ぎました      

   準備体操して          入水です。冷たい。

校舎建て替えに関するヒアリング

昨日と本日、本校の建て替えに関する教職員ヒアリングが行われました。

教育環境研究所の方が、本校の教職員から新しい学校に望む施設や設備のイメージを聞き取りました。

着実に進んでいます。

防犯教室

本日、6校時に防犯教室を行いました。

白河警察署生活安全課の真船さんから講話を、スクールサポーターの小松さんから実技指導を受けました。

とっさのときには、声が出なかったり、逃げようと思っても足が動かなかったりするとのことです。

そのために、普段からどのような行動をとって危険を回避できるのかを考えておくとよいとのことでした。

さすまたの指導では、生徒からの推挙の声を受けた伊澤先生と井戸沼先生ががんばりました。

    真船さんからの質問    小松さんから生徒への指導   小松さんからさすまたの指導